秋田魁新報社チャータークルーズ 飛鳥Ⅱで行く北陸富山3日間

山と海の恵みあふれる富山へ

 飛鳥クルーズ就航25周年の記念の年に、秋田魁新報社の飛鳥Ⅱチャータークルーズも5回目を迎えることができました。今回も日本最大客船飛鳥Ⅱの上質で落ち着いた空間と、豊富なサービスが皆さまのクルーズライフを彩ります。

 今回飛鳥Ⅱが向かうのは、北陸・富山県。3000m級の山々が魅せる雄大なパノラマを気軽に楽しむことができる立山黒部アルペンルート観光や、暖流と寒流が流れ込み天然のいけすと称される富山湾がもたらす豊かな恵みは、観光客の人気を集めています。自然の豊かさだけではなく、世界遺産に登録された五箇山合掌造り集落や「おわら風の盆」など、固有の景観・文化も魅力的です。もちろん豊かな自然が育んだおいしい食も富山にはたくさんあります。

 山と海の恵みがぎゅっとつまった「きときと」の富山をぜひお楽しみください。※きときと…富山の方言で新鮮なこと

募集概要

■旅行期間
2016年9月5日(月)~7日(水)
■申込金
50,000円(旅行代金に含まれます)
■募集人員
800名(最少催行人員500名)
■食事条件
朝食2回 昼食3回 夕食2回
■添乗員
秋田港より同行いたします

旅行日程

月日
地名
発着時刻/スケジュール
食事
2016年9月5日(月)
秋田港
13:00出港
秋田港より飛鳥Ⅱにて優雅なクルーズを楽しみながら、伏木港へ。船内にて各種イベントをお楽しみいただきます。
食事:昼・夕
9月6日(火)
富山・伏木港
08:00入港
伏木港入港。下船後、オプショナルツアーをお楽しみください。

19:00出港
北陸の思い出をあとに秋田へ。まだまだ船旅は続きます。
食事:朝・昼・夕
9月7日(水)
秋田港
14:00入港
秋田港入港、下船。
食事:朝・昼
【船舶概要】
■全長/241m■全幅/29.6m■総トン数/50.142t■喫水/7.5m■航海速力/最高21ノット■横揺れ防止装置/フィン・スタビライザー■乗客数/872名■ベランダ付き客室比率/54%■乗組員数/約470名

北陸富山 オプショナルツアー

9月6日(火)富山・伏木港発着

◆立山黒部アルペンルート
室道からの立山連峰
トンネルトロリー、ロープウェー、ケーブルカーを乗り継ぎながら、3000m級の山々が連なる山岳観光ルートをお楽しみいただきます。アルペンルートの観光拠点・室堂では、眼前に広がる剣岳、立山三山などの雄大なパノラマをご覧いただきます。運が良ければ、国の特別天然記念物・雷鳥に出合えるかもしれません。毎秒10トン以上の水を吹き出す黒部ダムの観光放水も迫力満点です。
◆おわら風の盆ステージと新湊漁港の昼セリ
おわら風の盆
毎年9月1日から3日にかけて開催される「おわら風の盆」は、八尾に暮らす人々が大切に守り育んできた民謡行事です。三味線や胡弓などの楽器と唄、そして優美な踊りは哀愁を誘うと人気を集めています。今回のツアーでは八尾曳山展示館ホールで、風の盆の余韻が残るおわらをご覧いただきます。新湊漁港では活気あふれる昼セリを見学。富山のきときとの魚介類もお楽しみいただきます。(イメージ、写真提供:富山県観光連盟)
◆世界遺産白川郷・五箇山と飛騨高山
白川郷
二つの世界遺産(白川郷・五箇山)と人気の飛騨高山を巡ります。まずは江戸時代から続く二つの合掌集落があり、美しい景観や独自の文化を育んできた五箇山へご案内。飛騨高山では高山陣屋を見学後、古い町並み(国選定重要伝統的建造物群保存地区)を散策していただきます。最後は大自然と人々の暮らしが共存する白川郷をご覧いただきます。

他にも下記のコースを予定しています。

  • ○日本有数のV字峡黒部渓谷とトロッコ列車
  • ○おわら風の盆ステージと老舗料亭「松月」での白えび料理
  • ○氷見・高岡市内観光と新湊漁港の昼セリ・富山湾の新鮮な魚介を食す
  • ○東尋坊の絶景と禅の里永平寺
  • ○禅の里永平寺と戦国時代の一大城下町一乗谷朝倉氏遺跡
  • ○日本三大朝市「輪島の朝市」と人気ドラマのロケ地・能登半島
  • ○金沢市内観光と加賀料理の昼食

旅行代金

(1室2名様ご利用お一人様分・消費税込み)

客室タイプ 階数 旅行代金
バルコニー付き S ロイヤルスイート 10 ¥430,000
A アスカスイート 10 ¥290,000
C スイート 10 ¥250,000
D バルコニー 9 ¥195,000
E バルコニー 8 ¥180,000
角窓 F ステート 7 ¥145,000
K ステート 7・8 ¥130,000
  • ※打ち消し線のあるものは、キャンセル待ちとなっています。
  • ※Kステートは救命ボート等で窓からの眺めがさまたげられます。
  • ※ハンディーキャップルーム(車いす対応)はCスイート、Fステートに各2室あります。
  • ※客室はすべてツインですが、Sはエキストラベッド、A・Cはソファーベッドを使い3名利用が可能です。
  • ※2歳未満の幼児は大人1名に対し、1名無料(食事、ベッドはありません)です。2歳以上は大人料金になります。
  • ※1人部屋を利用される場合、Sは200%、A・Cは160%、その他の客室は130%となります。
  • ※相部屋をご希望の方は組み合わせによって希望に添えない場合があります。
  • ※妊娠6カ月を過ぎた方のご乗船はできません。

右記の場所から秋田港などへの往復無料送迎バスを運行いたします

 ご希望の方は申込書にご記入ください。運行の詳細は2016年8月中旬頃に最終案内でお知らせいたします(バスの乗降場は変更する場合がございます)。
※無料駐車場もご用意いたします

鹿角花輪駅大館駅鷹巣道の駅二ツ井道の駅能代駅琴丘道の駅上小阿仁道の駅五城目入口井川さくら駅ブルーメッセあきたサンルーラル大潟男鹿駅湯沢駅十文字道の駅羽後町役場マックスバリュ新雄物川店横手駅大曲駅神宮寺小学校前バス停平和中学校前バス停西仙北インターチェンジ入口象潟駅金浦駅仁賀保駅羽後本荘駅田沢湖駅角館駅秋田駅東口(5番バス停)

キャビン【客室】

S・A・C客室をご利用のお客様には、朝・昼・夕食を客室へお届けするサービスがございます。

Sロイヤルスイート
バルコニー付88.2m²
Aアスカスイート
バルコニー付45.8m²
Cスイート
バルコニー付33.5m²
DEバルコニー
バルコニー付22.9m²
FKステート
角窓(バルコニーなし)18.4m²

極上のベッドで穏やかな眠りを

ベッドメーカー「シモンズ」と飛鳥Ⅱが、マットレスを共同開発、全客室にご用意しました。心からリラックスしていただけるよう、快適な眠りをお届けします。

飛鳥ⅡクルーズライフQ&A

Q船内の服装は?
日中の船内や寄港地での観光時は、カジュアルな服装でお過ごしください。夕刻(17時頃)以降は1日目がインフォーマル(男性はネクタイにジャケット程度、女性はワンピース程度)、2日目の夕食はカジュアルです(サンダル、短パン、Tシャツはお控えください)。
カジュアル
【男性】襟付きのシャツとスラックス。ネクタイは必要ありません。Tシャツ、短パンは不可。
【女性】軽いワンピースやデザイン性のあるブラウスとスカート、スラックスなど。
インフォーマル
【男性】スーツ、ジャケットなどの上着をご着用ください。
【女性】カクテルドレスやドレッシーなワンピースやスーツ、着物なら小紋など。シンプルな服装にはスカーフなどでちょっとしたアクセントを。
Qアメニティは何が揃っていますか?
入浴や洗面時に必要なタオル類、シャンプー、リンス、石鹸などのアメニティが常備されています。冷蔵庫にはミネラルウォーターやソフトドリンク、氷も揃っています。
Qレストランはいくつありますか?
メインダイニング、リドカフェをはじめ、5つのレストランがございます。新鮮なお寿司が人気の「海彦」(別料金)もお楽しみいただけます。
【朝食・昼食】
いずれも和食と洋食ビュッフェをご用意しています。和食はフォーシーズン・ダイニングルーム(メインダイニング)で、洋食は11デッキのリドカフェ&リドガーデンでお楽しみいただけます。また、遅めのお昼にはハンバーガーなどの軽食をお楽しみください。
【ティータイム】
ラウンジにて、ケーキや軽食などをお召し上がりいただけます。
【夕食】
フランス料理を中心としたフルコースや、クルーズによっては和食もお楽しみいただけます。また「海彦」では寿司や一品料理もご用意しています(有料)。
【夜食】
麺類やフルーツなどをお楽しみください。
Q有料となるサービスは何ですか?
オプショナルツアーや美容室、クリーニングなど個人的に利用されるもののほか、寿司「海彦」でのご飲食、アルコール飲料などが有料です。
Q通信手段は使えますか?
船内のパソコンからE-mailのやりとりができます(有料)。メールアドレスはクルーズ専用のアドレスとなります。携帯電話は電波の届く海域ではご使用いただけます。オープンデッキ、またはご自身の客室にてご使用ください。また、レセプションを通して、FAX(有料)をご利用いただけます。
Q体の具合が悪くなったときは?
船内に日本人医師と看護師が待機する診療所を備えています。緊急の場合は時間外でも診療いたします。ただし、常備薬は忘れずにお持ちください。
Q大浴場はありますか?
12デッキのグランドスパでは、大海原を眺めながらのご入浴やジャグジー、サウナなどをご利用いただけます。
Q洗濯はできますか?
船内はクリーニングやランドリーのサービスを行っております(有料)。また主な客室デッキには、洗濯機、乾燥機、アイロン、洗剤などを備えたセルフサービス・ランドリーが設備されています。
Q船内での支払いや精算方法は?
お支払いはすべてサインでお済ませいただけます。下船当日にお届けする明細書をレセプションにお持ちになり、現金またはクレジットカードでご精算ください。

お申し込みから出港まで

お申し込み
旅行申込書にご記入の上、お申込金を添え当社にお申し込みください。お申込金50,000円
お支払い
旅行代金から申込金を差し引いた残金を2016年7月26日(火)までにお支払いください。
事前説明会
2016年6月に参加者を対象にした事前説明会を開きます。
ご出港
いよいよ出港です。最終旅行日程表の場所、時間にご集合ください。

ご予約・お問い合わせ先

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、事前に内容をご確認のうえ、お申し込みください。

旅行企画・実施
秋田県知事登録旅行業第2-7 全国旅行業協会正会員秋田魁新報社 事業局企画事業部
TEL.018-888-1857
FAX.018-863-5353
〒010-8601 秋田市山王臨海町1-1 秋田魁新報社5F
営業時間/平日午前9時~午後5時
国内旅行業務取扱管理者/鈴木 央