「第78回全県短歌大会」作品募集

 秋田魁新報社主催の第78回全県短歌大会が5月21日、秋田市山王中島町の県生涯学習センターで開かれる。講師は歌人の加藤治郎さん(57)=名古屋市。加藤さんが講演と選評を行い、講師特選・秀逸、参加者の互選高点歌を表彰する。

 全県短歌大会は、県内の短歌愛好者が集う催し。37年に第1回を開催、戦時中の中断を除いて毎年開かれている。


 加藤さんは名古屋市生まれで早稲田大教育学部卒。1983年に未来短歌会に入会し、岡井隆さん(第54回全県短歌大会講師)に師事した。86年、30首から成る作品「スモール・トーク」で第29回短歌研究新人賞を受賞。現在は未来短歌会、毎日歌壇、朝日新聞東海版の選者を務める。

 歌集に「サニー・サイド・アップ」(第32回現代歌人協会賞)、「昏睡(こんすい)のパラダイス」(第4回寺山修司短歌賞)、「しんきろう」(第3回中日短歌大賞)など。他に「短歌レトリック入門」「短歌のドア」などの著書がある。

 選歌方針について加藤さんは「私(わたくし)の生がリアルに歌われた作品に出会いたい。自分と向き合い、内面の奥深いところから歌が生まれることを期待する。また、秋田の自然、歴史、文化が歌われた作品も歓迎する」と語る。

日時
5月21日(日)午前10時半から
会場
秋田市山王中島町、県生涯学習センター3階講堂
募集作品
雑詠1首。未発表作品に限る。他紙・誌との二重投稿禁止。
作品はB5判原稿用紙か便箋の中央に楷書ではっきり縦書きする。希望する場合は、漢字に振り仮名を添える(ただし、大会歌集で全て希望通り振り仮名が付くとは限らない)。作品の脇に郵便番号、住所、雅号、本名、年齢、電話番号を明記する。
雅号・本名には振り仮名を添える。
会費
2200円(昼食代含む)
現金書留か小為替(無記名)で、歌稿と同封する。切手は不可。
締め切り
4月7日(金)必着
送り先
〒010-8601、秋田市山王臨海町1の1、秋田魁新報社文化部「全県短歌大会」係
お断り
講師選歌、互選で一定の得点のあった作品は、雅号または本名、市町村名と共に紙面に発表します。
住所、電話番号などの個人情報は本大会運営以外の目的には使用しません。
会費を同封しない場合や締め切り後に到着した場合は受け付けません。
歌稿の訂正には応じかねます。
主催
秋田魁新報社