ふるさと彩発見 さきがけin仙北

 秋田魁新報社と仙北市は9月30日(土)、10月1日(日)の2日間、仙北市の「思い出の潟分校」など田沢湖畔を中心に「ふるさと彩発見 さきがけin仙北」を開催します。地域の魅力を見つめ直し、住民の活力を引き出すために各種イベントを企画しました。

 メイン会場の潟分校では2014年のあきた国民文化祭参加行事の音楽劇ガラコンサート「クニマスの色はいのち色」の“再演”や地元ゆかりの音楽家などによる「山の分校コンサート」、仙北市内の5中学校が地元企業・団体を取り上げ地域活性策を提案する「仙北活性化中学生選手権」を実施。このほか新聞紙を使ったエコバッグ制作講座、写真入りの来場記念新聞の提供、仙北市、田沢湖関連のパネル展など行います。潟分校グラウンドには「食ブース」を出店します。また、7月に開館した田沢湖クニマス未来館では親子対象の田沢湖・クニマスに関する学習会、新聞活用教室を行います。このほか白浜クリーンアップ大作戦、丸木舟やカヌー体験、日本陸水学会との共催行事として公開講演会「酸性化した田沢湖の現状と将来への取り組み」も開かれます。

 内容は以下の通りです。参加型のイベントも数多くありますのでお気軽にご参加ください。

開催日
9月30日(土)、10月1日(日)
主会場
仙北市・思い出の潟分校
山の分校コンサート
30日午後1時~3時半、1日午前10時~午後3時・潟分校体育館入場無料。

▼9月30日(土)
13:00~13:30
「ぱんだらけ」スチールパンドラム演奏
13:45~14:15
安藤満里・佐藤貴子クラリネット&マリンバ
14:30~15:30
音楽劇ガラコンサート「クニマスの色はいのち色」
(脚本・作詞)福田金作(指揮)奈良淳一(ピアノ・作曲)鳥井俊之(パーカッション&ドラム)佐藤貴子(歌)栗林聡子・渡部絢也・奈良陽平・松田千明(語り)塩田睦子(合唱)角館混声合唱団・コール若葉(音楽指導)長谷川留美子

▼10月1日(日)
10:00~10:40
「ニョッキ-ズ」(大木彩乃・大石美貴子)リトミックダンスミュージック
10:50~11:20
ポロリ楽団 スチールパン中心の演奏
11:30~12:10
「砂丘」 歌とバンド演奏
12:20~13:10
大木彩乃ライブ
13:20~14:05
「和力」(加藤木朗・小野越郎)・大岩和貴 邦楽演奏と踊り
14:15~15:00
「スイングチェリーズ」・中田瞳子・加藤真弓・大岩和貴 ビッグバンドジャズ
仙北活性化中学生選手権
30日午前10時~午後0時半・潟分校体育館
仙北市内の5中学校の生徒が、地元企業・団体から聞き取った内容を基に、地域活性化に向けたプレゼンテーションを行います。聴講自由。
新聞紙を使ったエコバッグ制作講座
1日午前10時半~午後3時・潟分校2階教室
参加自由(無料)。
写真入り来場記念紙面プレゼント
30日、1日午前10時半~午後3時・潟分校1階
仙北うまいもの広場
30日、1日午前11時~午後3時・潟分校グラウンド内特設会場
※潟分校周辺には駐車場がありませんので臨時駐車場(湖畔イベント広場)をご利用ください。
各会場には無料シャトルバスを運行します。
田沢湖ツーデーマーチ参加者抽選会
30日午後1時~3時・田沢湖レストハウス特設会場
同日開催のツーデーマーチ参加者を対象特産品などが当たる抽選会を行います。
白浜クリーンアップ大作戦
1日午前10時~正午、集合場所・田沢湖畔イベント広場
午前9時半から受け付け。参加自由。
親子クニマス学習会&新聞教室
1日午前10時~午後3時・クニマス未来館ほか
小学校高学年(5、6年生)~中学生とその保護者が対象。大竹敦館長が田沢湖やクニマスについて講和するほか、秋田魁新報社の担当者が新聞の特徴や魅力、新聞を活用した家庭学習法などを解説します。遊覧船での湖畔周遊も行います。2班で実施。定員は各班15組30人。
申し込み、問い合わせはNIE・読者交流部 TEL018・888・1822(平日午前9時~午後5時)
カヌー体験=30日、丸木舟に乗って=1日
両日とも午前11時、正午、午後1時、2時・クニマス未来館前
各回とも定員約10人。荒天中止。
公開講演会「酸性化した田沢湖の現状と将来への取り組み」
1日午後1時~5時・生保内小学校
日本陸水学会員が世界の湖沼の環境問題への取り組みや酸性環境での生物・生態系の特色を解説。地元研究者、高校生が田沢湖の現状や中性化への取り組みを紹介した後、パネルディスカッションを行う。聴講自由。
問い合わせ
総合営業本部事務局 TEL018・888・1877(平日午前9時~午後5時)
主催
秋田魁新報社、仙北市