空き家改修、子育て拠点に 五城目町の竹内さん、秋にも開設

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
改修予定の空き家に立つ竹内さん

 神奈川県から秋田県五城目町に移住し、4人の子どもを育てている竹内治子さん(45)が、地域で支え合い子育てする拠点をつくろうと奔走している。町内の空き家を借りて改修し、親子と周辺住民が交流しながら過ごす施設「んなのいえ」を10月にも開設する計画で、インターネット上での資金集めを始めた。「子育て中の親を孤立させない場を実現したい」と意気込んでいる。

 んなのいえは、五城目小学校近くの2階建ての空き家(延べ床面積約75平方メートル)を活用。室内を改修し、料理や食事を大勢で楽しめる台所と居間、イベントなどを行うスペースをつくる。名称は「みんなのいえ」を地元住民の発音で表現した。

 利用者は、町内の親子や高齢者、子育てに関心のある住民を想定。敷地内で子どもを遊ばせながら、親同士で子育ての悩みを語り合ったり、機織りやみそ造りなどの手仕事を楽しんだりする。親の帰宅が遅い子どもに夕食を提供したり、手仕事による商品を朝市で売ったりもする。

(全文 881 文字 / 残り 466 文字)