「TPP、米価下がらず」 森山農相、県内3カ所で演説

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
TPP発効により「主食用米の価格は下がらない」と述べる森山農相=秋田市

 森山裕農相が2日、参院選の自民党候補を応援するため来県し、県内3カ所の演説会に出席した。秋田市河辺の県森林学習交流館・プラザクリプトンでは、環太平洋連携協定(TPP)発効に関し「主食用米の価格が下がることはない」と述べた。

 TPP発効でコメは最大7万8千トンの無関税輸入枠が設けられるため、県内農家の間には国産米の値下がりを懸念する声がある。森山農相は「新たな輸入枠分は備蓄米として市場から隔離する。日本の業務用米より輸入米が高くなっても安くなることはない」と話した。

(全文 359 文字 / 残り 124 文字)