秋大付小児童が口笛世界大会制覇 伊藤君、独学で技術磨く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
口笛世界大会のジュニア部門で優勝した伊藤君

 秋田大付属小6年の伊藤心(しん)君(11)が、神奈川県で今月開かれた「口笛世界大会2016」の音源伴奏カテゴリー・ジュニア部門で優勝した。「自分の前に吹いた人が上手だったので、優勝できるとは思わなかった」と伊藤君。今後は高音をきれいに出せるように練習したいという。

 大会は口笛奏者や愛好家らでつくるジャパン・ウィスリング・コンフェデレーション(JWC)が16、17日に川崎市で初めて開いた。音楽に合わせて吹く「音源伴奏」、口笛によるパフォーマンスを披露する「アライドアーツ」、口笛と楽器を同時に演奏する「弾き吹き」の3部門がある。

(全文 553 文字 / 残り 287 文字)