【PR】日々進化し続けるチーズケーキ 御献上カスティーラ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
御献上カスティーラの代名詞「御献上チーズケーキ」

 「格好良く言えば、安全な領域にとどまるのが嫌というか。たとえ失敗したとしても、それが遠回りになったとしても、いつも新しいことに挑んでいたいんです」。そう語るのは、秋田に店舗を開業して今年で22年。看板商品のチーズケーキが地元はもとより、他県や芸能界でも人気を博す御献上カスティーラのオーナーシェフ佐々木さん。新作メニューに取り組む際は言うに及ばず、日々レギュラーメニューを作るときでさえ、チャレンジしないことをよしとせず冒険の道を歩み続けてきました。

 「例えばうちのチーズケーキは、しょっちゅう配合を変えるので驚かれることが多いです。だけどそうした驚きが常にあるから、また行ってみよう、買ってみようと思う方も少なくないと思っていますし、何より自分自身が仕事に対して高いモチベーションを保ち続けられるので。この先もしばらく、うちの味が安定することはないと思っていただいて構いません(笑)」

 先般は著名なアイドルがSNSで紹介したことがきっかけで、人気に拍車がかかり、全国の百貨店やカタログ誌からの引き合いが殺到。そんな状況下にあってなお、佐々木シェフは飄々とこう語ります。

 「注目されるのはとても喜ばしいことですが、それによってビジネスライクになるつもりは少しもありません。これからも御献上カスティーラは恐れず冒険を繰り返し、サプライズを提供し続ける店舗でありたい、そう思っています」

 世の中で本当に評価されるものは何か?という問に対する、答え探しの旅は永遠。情熱を失わず、高い次元で創造を続けていれば評価は自ずとついてくるもの。そんな美学とも、哲学ともとれる道を迷いなく進む、佐々木さんの次なる発信から目が離せません。

 御献上カスティーラTEL018・865・5253(7月25日~8月3日の間は催事出店のためお休み)