男鹿市船川港でもハタハタ5トン 選別作業に熱

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
水揚げしたハタハタの選別作業=船川漁港

 秋田県男鹿市船川港の船川地区で4日、季節ハタハタが水揚げされ、漁港が一気に活気づいた。船が着いた岸壁では、水揚げされたハタハタを大きさごとに選別する作業に追われる人々の姿が見られた。

 同市では先月30日に初漁となったが、船川地区ではこれまでまとまった量の水揚げがなかった。この日、朝早くから船川漁港を出た漁師たちは、船いっぱいにハタハタを積んで漁場と港を何度も往復した。

(全文 302 文字 / 残り 116 文字)