ハタハタ初競り活況 象潟漁港4・2トン水揚げ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
水揚げされ、競り落とされるハタハタ

 秋田県にかほ市の象潟漁港で7日夜に季節ハタハタの初水揚げがあり、8日午前11時から同漁港で初競りが行われた。ハタハタが入った箱が高く積み上げられ、仲買人らが行き交い活況を呈していた。

 7日の初水揚げは前年と同じ。2隻が出漁し、夜中から8日朝にかけて約4・2トンを水揚げした。競りでは、約20人の仲買人が形や大きさなどを品定めし、次々と競り落としていた。

(全文 272 文字 / 残り 95 文字)