県内、11日から大雪の恐れ 交通障害や高波に警戒を

お気に入りに登録

 気象庁は9日、発達しながら低気圧が進む影響で、北日本では11日から13日にかけて雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなる恐れがあるとして、暴風雪による交通障害や高波に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、11日は千島近海の低気圧が発達しながら北西へ進み、同日夜にサハリン付近に達する見込み。北日本の上空約5千メートルには平年より5度低い氷点下36度以下の寒気が流入するため冬型の気圧配置が強まり、北日本の日本海側を中心に猛吹雪となる可能性がある。

(全文 314 文字 / 残り 85 文字)