防犯メールに被害少女名 警視庁、6千超へ誤配信

お気に入りに登録

 警視庁が11日に配信した犯罪の発生や防犯情報を登録者に通知する「メールけいしちょう」というメールに、暴行事件の被害に遭った女子高校生の実名が誤って含まれていたことが同庁への取材で分かった。6545件のアドレスに配信された。警視庁は同日、電話で母親に経緯を説明し、謝罪した。

 メールは11日午後9時すぎに配信された。同日夜、東京都北区で帰宅途中の女子高校生が、背後から近づいてきた不審者に首を絞められた後、突き飛ばされたという内容だった。

 警視庁によると、女子高校生にけがはなかった。メール内容を本来、端末に入力する担当者とは別の警察官が入力。