230万円詐取容疑、男逮捕 勤務先で資材架空発注

お気に入りに登録

 秋田県警大館署は11日、架空発注を繰り返し勤務先から約230万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、北秋田市脇神、会社員長崎広道容疑者(58)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、大館市内の建築会社に勤めていた2014年11月下旬~15年4月中旬、2回にわたり、取引先の都内の建築資材卸会社にドアやサッシを架空発注し、建築会社から資材卸会社の口座に振り込ませた約230万円を詐取した疑い。

(全文 329 文字 / 残り 131 文字)