鷹ノ巣駅前商店街に防犯カメラ 北秋田市、公共施設以外で初

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北秋田市が防犯カメラを設置した銀座通り商店街の交差点。カメラは手前の信号機に設置されている

 秋田県北秋田市は、JR鷹ノ巣駅前の銀座通り商店街に防犯カメラ1台を設置した。カメラの存在を周知し、犯罪を未然に防ぐのが目的。市が公共施設の敷地外にカメラを設置するのは初めてで、2017年度以降も増設していく方針。

 設置場所は、市民ふれあいプラザ・コムコム前の交差点の信号機。北秋田署と協議し、公共施設や金融機関、商業施設が近くにあり、人通りが多い同所に設置することを決めた。先月20日から運用を開始。カメラの近くには「防犯カメラ作動中」と設置を知らせるステッカーが貼られている。

(全文 484 文字 / 残り 244 文字)