ヤクルト石川「秋田に勇気与えたい」 県庁訪れ今年の抱負

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年の抱負を語る(左から)石山、石川、高橋

 プロ野球ヤクルトの石川雅規(36)=秋田商高―青学大出、石山泰稚(28)=金足農高―東北福祉大―ヤマハ=両投手と、ラート日本代表の高橋靖彦(31)=角館高―筑波大院出、アクティブつくば=の3人が12日、秋田県庁を訪れて今年の抱負を語った。

 石川は「2ケタ勝利を目指し、秋田の皆さんに勇気と元気を与えたい」と話した。

 3人の県庁訪問は、県スポーツ大使を務める石川の呼び掛けで、昨年に続き2回目。佐竹敬久知事は「3人とも悔しい思いを断ち切れるように頑張ってほしい」と激励した。

(全文 614 文字 / 残り 377 文字)