北日本、北陸で大雪続く 週末は数年に1度の寒気

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吹雪の中、青森市内の国道で徐行運転する車=12日午後

 日本列島は12日、強い寒気の影響で荒れ模様の天候が続き、北日本や北陸を中心に大雪となった。大学入試センター試験のある14、15日には冬型の気圧配置がさらに強まり、広範囲で大雪が降る見込み。気象庁は「上空に数年に1度の強い寒気が入る」として猛吹雪による交通の乱れや雪崩に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、北日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気が流入。14、15日にはさらに強い寒気が入り、北日本から西日本にかけて日本海側を中心に積雪が増え、太平洋側の平地でも局地的に大雪となる。