国体スキー 県勢入賞ラッシュ、9人が表彰台

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【複合少年】力強く坂を駆け上がる木村吉=白馬クロスカントリー競技場

 16日に長野県白馬村で行われた第72回国民体育大会「ながの銀嶺国体」冬季スキー競技会第3日は、秋田県勢9人が表彰台に上がる入賞ラッシュとなった。

 複合少年は木村吉大(花輪高3年)が初優勝し、弟の木村幸大(花輪二中同)が準優勝。兄弟でワンツーフィニッシュを決めた。宮崎敬太(花輪高2年)が3位、湯瀬瞬(小坂高3年)が4位、湯瀬晃成(同1年)が8位に入り、5人が入賞した。

(全文 471 文字 / 残り 286 文字)