ナウシカ「オーム」が山王に登場 地元男性が雪像制作

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
路上に現れたオーム像を見る子どもたち

 秋田市山王中島町の路上に、宮崎駿監督のアニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場する巨大生物「王蟲(オーム)」をかたどった高さ1・8メートルの精巧な雪像が現れ、通行人の目を楽しませている。

 制作したのは、近所の理美容院店長佐藤吉雄さん(56)。除雪で歩道と車道の境に集められた雪を利用し、1人で2日間かけて14日に完成させた。「30年ほど前に自分の子どもを喜ばせようと雪像作りを始め、だんだんと地域の評判になった。今年は細部までこだわった自信作」と笑う。

(全文 350 文字 / 残り 125 文字)