古坂大魔王、久保みねヒャダと『すき間ソング』制作 ピコ太郎に提供?

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
18日、25日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(深夜25:45)に古坂大魔王が出演

 「PPAP」で大ブレイク中のピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王が18日、25日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(深1:45)に出演することが17日、わかった。

【画像】念願の対面!ピコ太郎、ジャスティンと「PPAP」コラボ

 漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの3人のクリエイターが自由気ままに妄想&本音を繰り広げる同番組では、いち早く「PPAP」を取り入れていたこともあり、古坂は「(今回、出演の)声をかけてもらって本当にうれしかった」と喜びを語った。

 収録では誰も手がけていないであろう、ヒット曲の“すき間”を狙ったテーマで、MCたちが即興で作詞作曲する人気コーナー「すき間ソング」に4人がチャレンジ。「30分くらいで曲をつくるとか、すごくかっこいい番組だな!」と、はしゃぐ古坂と、せっかく一緒につくるのであればと「英語のレベルが高くない日本人に合わせた曲」というテーマを久保が最初に提案するが、各々のクリエイターの才能が化学反応を起こし、さまざまな外国語によるラップが完成。

 能町は思わず「超、変な曲だね。今までの中でも相当変」と言うほど、想像以上にぶっとんだラップに、スタッフや古坂らも抱腹絶倒。作詞作曲にとどまらず、曲の振り付けも制作するなど大盛り上がりで「やっと私たちのパーティーソングができた」と久保。古坂も「最高! これピコ太郎に欲しいな!」と大称賛していた。

 番組ではこのほか、「PPAP」の社会現象化を振り返りつつ、古坂が以前組んでいた底抜けAIR-LINEのエピソード、音楽へのひたむきな愛やジャンルを問わず影響を受けたさまざまな人たちやコンテンツへの想い、さらには激変した今の生活模様など縦横無尽にトークを展開する。

同じジャンルのニュース