湯沢市派遣終了の副市長、ラップ熱唱 「多くの出会い財産」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サングラスを掛けてラップを披露する藤井副市長(中央)

 秋田県湯沢市の藤井延之副市長(35)が昨年5月から月1回開いてきたトークイベント「副市長☆月イチトーク」の最終回が15日夜、市役所で開かれた。今月末で総務省からの2年の派遣期間が終了する藤井副市長は、話題となったラップを市民と熱唱して締めくくった。

 月イチトークは、藤井副市長が湯沢市出身者や市民をゲストに招いて語り合い、ネットも活用して湯沢の魅力を情報発信するイベント。最終回は地元の高校生が進行役を務め、藤井副市長にインタビューした。

(全文 519 文字 / 残り 299 文字)

これまでの「副市長☆月イチトーク」バックナンバーを掲載