保坂(秋田市出身)4位、全日本スノボクロス ジュネス栗駒

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子決勝1~4位決定戦】序盤のジャンプでせめぎ合う選手たち。右端が保坂=東成瀬村のジュネス栗駒スキー場

 国際スキー連盟(FIS)公認第23回全日本スキー選手権大会スノーボードクロス競技は19日、秋田県東成瀬村のジュネス栗駒スキー場で男子が行われ、手計岳隆(東京・日体大荏原高)が優勝した。県勢は、秋田市出身の保坂史門(金足農高―大東文化大)が4位に食い込み、横手市出身の佐藤魁(キララクエストスノーボードクラブ)は12位だった。全日本スキー連盟(SAJ)の表彰規定では2位の禹秦熔(韓国)が対象外のため、保坂が3位に繰り上がり表彰台に立った。20日は同スキー場でFIS公認ジュネス栗駒CUPを行う。

(全文 807 文字 / 残り 559 文字)