球春到来(7)成田翔 ロッテ 1軍登板へ体力強化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブルペンで投げ込むロッテ・成田=石垣島

 ロッテの成田が飛躍に向け、懸命に腕を振る。新人だった昨年は故障にも泣かされて1軍登板はなし。「もっとできたはず」との思いを胸にオフは練習に打ち込み、2月は沖縄県石垣市で1軍入りを目指して充実のキャンプを送った。

 2軍のブルペンでは「もう1球、お願いします」と威勢のいい声が連日響いた。伊東監督に「腕のしなりが使えるようになれば面白い存在になる」と評価され、2月12日に石垣市で行われた台湾プロ野球ラミゴとの1軍の練習試合に抜てきされた。サイン間違いから失点するなど課題は残したが、直球にはフライを打ち上げさせる力があり、成田は「直球で詰まらせたのが収穫」と手応えを口にした。

(全文 778 文字 / 残り 490 文字)

この連載企画の記事一覧