イルカ死骸漂着、由利本荘市松ケ崎 体長約2メートル

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
由利本荘市松ケ崎の海岸に漂着しているのが見つかったイルカの死骸=29日午前11時ごろ

 秋田県由利本荘市松ケ崎の海岸で29日、体長約2・2メートルのイルカが死んだ状態で打ち上げられているのが見つかった。県水産振興センターなどによるとイシイルカの雄の成獣で、本県沖に漂着するのは2015年に同市西目町の海岸に漂着して以来2年ぶりという。

(全文 361 文字 / 残り 237 文字)