JR秋田が7連覇、女子は秋田銀14度目V 県総合バスケ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子決勝・JR秋田―平成高】第2クオーター、JR秋田の鈴木がレイアップシュートを決める

 バスケットボールの第72回秋田県男女総合選手権大会最終日は16日、秋田市のCNAアリーナで男女の準決勝、決勝を行った。

 男子はスーパーシードのJR東日本秋田が決勝で平成高に129―66で快勝し7大会連続13度目の制覇。女子もスーパーシードの秋田銀行が決勝でプレステージを73―56で破り、13大会連続14度目の優勝を飾った。

(全文 654 文字 / 残り 491 文字)