春の里山が花盛り、大仙市 愛好者ら「花見登山」楽しむ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
満開となった嶽六所神社近くのイワウチワの群落

 秋田県大仙市の西山で、春の山野草が盛りを迎えている。地元登山グループメンバーの三浦正弘さん(68)=同市大花町=の案内で16日、姫神山(387メートル)、伊豆山(208メートル)、神宮寺岳(277メートル)を巡る「花見登山」が行われ、登山愛好者らが満開のイワウチワの群落などを見て回った。

 参加者は、姫神山から伊豆山、神宮寺岳の順でそれぞれの山頂を目指す約12キロのコースを9時間かけて歩いた。道沿いの山野草のほか、幹がねじれたように伸びる杉の巨木「ねじれ杉」などの姿も楽しんだ。

(全文 514 文字 / 残り 273 文字)

同じキーワードのイベント情報