秋田市・防災地図、42カ所誤記載 施設情報古いまま

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
33カ所の誤記載が見つかった中央エリアの洪水ハザードマップ

 秋田市は、3月に全戸配布した市洪水ハザードマップのうち、北西エリア版(4万部)と中央エリア版(9万部)で施設名と住所の計42カ所に誤記載があったことを明らかにした。各地区にある幼稚園や介護施設などをまとめたデータを、2年前のものから更新しないまま使ったのが原因。

 誤記載は北西版9カ所、中央版33カ所で、いずれも避難時に手助けが必要な子どもや高齢者がいる「要配慮者利用施設」。閉鎖した産婦人科の医院やデイサービス施設を掲載したほか、認定こども園聖霊幼稚園・保育園を以前の名称である聖霊女子短期大学附属幼稚園と表記するなど、旧名称で載せた施設もある。

(全文 644 文字 / 残り 369 文字)