倒れてきた鉄板の下敷きに、作業中の男性死亡 能代市の工場

お気に入りに登録

 11日午前8時50分ごろ、秋田県能代市河戸川、ホクエツ秋田能代工場で、固まったコンクリートから型枠(鉄板)を取り外す作業をしていた北秋田市鷹巣、同社社員吉田慎吾さん(34)が倒れてきた鉄板の下敷きになった。吉田さんは能代市内の病院に搬送されたが、頭蓋骨骨折などで約1時間45分後に死亡した。

(全文 303 文字 / 残り 157 文字)