BB秋田本拠地「新設望ましい」 スタジアム整備で佐竹知事

お気に入りに登録

 佐竹敬久知事は15日の会見で、サッカーJ2のライセンス取得に必要な収容1万人以上のスタジアム整備について「必要なら思い切って新規にやった方がいい」と述べ、J3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地となるスタジアムは既存施設の改修ではなく、新規建設の方が望ましいとの考えを示した。

 佐竹知事は、仮に秋田市の八橋陸上競技場をサッカースタジアムに改修した場合、陸上など他競技の大会運営に支障が出る可能性があるとし、「改修も一案だが、無理があるのではないか」と指摘。新スタジアム整備は土地の確保などが必要になり、改修より時間はかかるものの、5年前後で完成するだろうとの見通しを示した。

(全文 730 文字 / 残り 440 文字)