湯沢市で局地的ひょう サクランボなど被害

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
湯沢市下関に降ったひょう

 15日午後4時ごろ、秋田県湯沢市三関、須川などで局地的な降ひょうがあった。果樹や野菜など農作物に被害があり、市やJAこまちは特産のサクランボへの影響が大きいとしている。市などは16日、詳しい被害状況を調査する。

 市農林課などによると、ひょうは約5分間にわたって局地的に降り、直径2センチぐらいのものもあった。

 秋田地方気象台によると、寒気を伴った低気圧の影響で、大気の状態が不安定だったほか、徐々に発達した雨雲が山形方面から湯沢市を通過したことなどが原因とみられる。

(全文 465 文字 / 残り 231 文字)