生徒が育てた野菜苗を販売 金足農高、17日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生徒から説明を受けながら苗の品定めをする来場者(左側の2人)

 秋田市の金足農業高校(鈴木誠孝校長)は15日から、生物資源科野菜専攻の生徒による野菜苗の販売会を行っている。同科の3年生7人が育てたナス、トマト、キュウリ、ピーマン、ミニトマトの5種類計約8千株が用意され、このうちミニトマト、キュウリ、ピーマンは午前中で完売する人気ぶりだった。

 販売会は17日まで。午前9時から午後3時。用意できるのはナスとトマトの2種類。

(全文 453 文字 / 残り 273 文字)