【PR】評判の豚、「元気に育てること」にこだわり凝縮

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 「当社のポリシーは元気な豚を育てること、その一言に尽きます」と語るのは、鹿角市に拠点を置き、おいしいと評判の豚肉を生産している八幡平ポークの阿部正樹組合長理事。社内に専属獣医師が常駐、ケミカルに頼らない飼育を実践、外から病原体を持ち込まない厳格な検査を徹底、繁殖から出荷までを同一施設で管理する体制を構築……等々。組合長の言う"元気な豚を育てること"の中身には、安心・安全に対する並々ならぬこだわりが凝縮されています。

 こうした環境面への配慮だけでなく、同社が特定利用しているハイブリッドポーク(通称ハイポー豚)もおいしい豚肉の生産を可能にしている要因のひとつ。現在市場に流通している大部分は3系統交配の「三元交雑種(通称三元豚)」ですが、ハイポー豚は異なる2系統(AとB)から生まれた個体(AB)と、さらに別系統(CとD)から生まれた個体(CD)を交配させる「四元交雑種(通称四元豚)」。各系統の良いところが出るよう計画的に交配するため、食味と栄養価に優れ、品質にばらつきがない豚肉となるのが特徴です。

 そのレベルの高さには、全国から厳選された豚肉が集まる食肉産業展のコンテストで、審査員たちも目を丸くしたほど(2008年、3部門で優良賞を獲得)。以降、八幡平ポークは直売店にひっきりなしに買い物客が訪れ、スーパーや飲食店への納入実績も右肩上がりで推移するという、名実ともに県を代表するブランドに駆け上がっていきました。

 「多様性を増す時代への対応力が今後のカギになると踏み、新しい食味への挑戦、新たな品種の生産にも精力的に取り組んでいます」(阿部組合長)

 きれいな空気とミネラル豊富な天然水を使える立地条件に頼るだけでなく、イノベーションの視点で食の未来を見据える八幡平ポークから、今後発信されるニュースリリースは必見です。

「八幡平ポーク」の購入はこちら