JR秋田が初戦突破 都市対抗野球東北大会、秋田市で開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【弘前アレッズ―JR秋田】1回裏1死二、三塁、JR秋田の遠藤が2点適時打を放つ=さきがけ八橋球場

 第88回都市対抗野球2次予選東北大会は3日、東北6県の12チームが参加して秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で開幕した。初日は1回戦4試合を行い、秋田県第2代表のJR秋田は7―3で弘前アレッズ(青森)を破って2回戦に勝ち上がった。

 4日は両球場で2回戦計4試合を行い、JR秋田は午前10時からこまちスタジアムでトヨタ自動車東日本(岩手第一)と、TDKは午後0時半からさきがけ八橋球場でで七十七銀行(宮城第3)と戦う。

(全文 414 文字 / 残り 201 文字)