ラグビー秋田工、中央との県勢対決制しV 東北高校選手権

お気に入りに登録

 東北高校選手権は18日、各地で12競技を行った。秋田県勢対決となったラグビー1部決勝は秋田工が秋田中央を振り切って4年ぶり34度目の栄冠を手にした。陸上では女子400メートル障害で関本萌香(大館鳳鳴3年)が頂点に立ち、男子走り高跳びは後藤大輝(湯沢翔北同)が勝った。男子やり投げでは山崎塁(大館国際同)が3位に食い込んだ。

 カヌー男子カヤックペア(500メートル)では本荘の阿部智礼(1年)・佐々木絵(同)組が3位に入った。重量挙げ男子では105キロ級の鎌田拓也(金足農3年)と105キロ超級の淡路恭太(同)がトータルで共に2位に入り、男子の学校対抗では金足農が2位になった。

(全文 289 文字 / 残り 0 文字)