秋田市飯島でハモ釣れる 主に西日本沿岸生息

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市飯島で釣り上げられた全長約60センチのハモ(金さん提供)

 秋田県沿岸で漁獲されるのが珍しいとされるハモを、秋田市御野場の会社員金博美さん(44)が同市飯島の東北電力秋田火力発電所近くの岸壁で釣り上げた。

 金さんは11日夕、岸壁から約10メートルのポイントで小アジを餌に泳がせ釣りをしていたところ、午後6時ごろに全長約60センチの細長い魚が掛かった。鋭い牙からハモと気付いたという。

 画像を確認した県水産振興センターによると、全体が細長く、ひれの内側が暗い灰色をしており、口の先がそれほど鋭くないなどの特徴から、ハモに間違いないという。

(全文 417 文字 / 残り 178 文字)