災害救助の技術高めよう 五城目町で3消防本部交流会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
酸素ボンベを背負い、けが人役の隊員を助け出す参加者

 秋田県の男鹿、湖東両地区と五城目町の3消防本部による消防救助技術交流会が19日、五城目町消防本部で行われた。各消防署の隊員計45人が、災害や消火活動を想定した5種類の競技に臨み、作業の素早さや正確さを競った。

(全文 352 文字 / 残り 247 文字)