内陸線をSNSで支援 1シェアで5円、ソフト会社負担

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
SNSを活用した内陸線支援キャンペーンサイトのロゴ画像

 ツイッターやフェイスブックといった会員制交流サイト(SNS)を使った、秋田内陸線の支援が行われている。キャンペーンサイトをシェア(共有)すると、1回につき5円が寄付される仕組みで、今月5日に終了した「秋田内陸線夢列車プロジェクト」に寄せられた寄付金に加算されて、車両リニューアルに使われる。9月1日まで。

 乗り換え案内サービスの開発を手掛けるヴァル研究所(東京、太田信夫社長)が行う全国のローカル鉄道を支援する事業「エール・フォー・鉄道ジャパン」の一環。これまでJR只見線や南阿蘇鉄道、銚子電鉄を支援しており、内陸線は4例目。

(全文 519 文字 / 残り 255 文字)

内陸線応援キャンペーンのページはこちらから