【PR】伝統の油揚げ、味と形を守り続ける老舗社長の覚悟

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 江戸時代初期に登場し、気軽に使えて、おいしく、腹持ちもいい庶民の味方として広く普及していった油揚げ。その姿形が全国各地で異なることを、皆さんはご存じでしょうか。

 有名どころでは京都の京揚げ、新潟・長岡地区の栃尾揚げ、愛媛の松山揚げなど。それらが大きさや厚みだけでなく、食味も違うという点に食文化の奥深さを感じずにはいられません。

 そして秋田県由利本荘市にも、エリア内で圧倒的なシェアを誇る"ご当地油揚げ"が存在します。最大の特徴は、同地区の出身者以外には不思議に映る三角の形。

 「山への信仰心の表れとか、お城の天守閣を模したとか、形の由来には諸説あるけど詳しいことは分からない。ひとつ確実に言えるのは、由利本荘で油揚げと言えば昔からこれだったと言うこと」

 そう語るのは大正14年創業、伝統の味を守り続けている「佐々木商店」の三代目・佐々木誠社長。毎日社員よりも早く工場に入り、自ら配達にも出向く根っからの仕事人間です。

 「薄揚げとも呼ばれる一般的な油揚げは、そのまま一枚食べるのは難しいと思うけど、うちのはサッとしょうゆを垂らすだけでペロリと一個いけちゃうから。晩酌のさかなは専らこれという人、この地域には本当に多いよ」

 厚みがあるのに油っこくなく、ついつい二つ目に手が伸びるのは、素材を厳選し、調理には大豆油の一番搾りだけを使っているから。厚揚げのように中身が豆腐ではないため水分の吸収性も高く、鍋物や煮付けとも抜群の相性を見せてくれます。

 「人口減で売り上げを維持するのは大変だけど、ネットで少しずつ販路も広がっているから。“この味が好き”と言ってくれるお客様がいる限り、こだわりのものづくりを続けていきたい」

 驚くほど手の込んだ作業からもたらされる滋味。皆さんも今夜の食卓にいかがでしょうか。

「三角油揚げ」の購入はこちら