男鹿・船川港沖にサメ 操船訓練の男性が目撃

お気に入りに登録

 27日午後2時ごろ、秋田県男鹿市船川港の船川防波堤灯台から南に約3・7キロの海上にサメがいるのを、操船訓練中の男性が目撃し、秋田海上保安部に通報した。

 同保安部によると、サメは体長約1・5メートルのシュモクザメとみられる。男性が撮影した海面付近を泳ぐサメの画像から判断した。ほかに目撃情報はないという。

(全文 195 文字 / 残り 43 文字)