佐藤美弥(聖霊高出)攻撃リード バレー日本、ブラジル破る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本―ブラジル 第2セット、サーブする佐藤=カメイアリーナ仙台

 バレーボール女子のワールドグランプリ仙台大会最終日は16日、カメイアリーナ仙台で行われ、世界ランキング6位の日本は同4位で前回覇者のブラジルを3―2で破り、1次リーグ通算4勝2敗とした。ブラジルは3勝3敗。ブラジルから白星を挙げたのは6年前のワールドカップ以来。

 連係がかみ合わない相手の隙を突き、先発起用されたセッター佐藤美弥(聖霊高―嘉悦大出)がうまく攻撃をリードした。古賀に集めて第1セットを奪うと、第2セットも26―24でしぶとくものにする。佐藤らのサーブも効果的だった。

(全文 422 文字 / 残り 181 文字)