能代松陽、延長十三回の熱戦制し8強 高校野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大曲―能代松陽】延長13回裏一死三塁、能代松陽・佐々木洸の内野ゴロが敵失を誘い、三走の清水(左)がサヨナラのホームイン=さきがけ八橋球場

 第99回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連など主催)第6日は17日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で3回戦計4試合を行った。能代松陽が大曲を延長の末に下したほか、明桜は湯沢翔北に、秋田修英は平成に、本荘は秋田工にコールド勝ちして8強入りした。

(全文 225 文字 / 残り 96 文字)

詳しい試合結果はこちら