夏!一面のヒマワリ 「道の駅にしめ」隣接地でまつり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヒマワリ迷路の中を散策する親子連れ

 秋田県由利本荘市西目町の「道の駅にしめ」に隣接する転作田約2ヘクタールでヒマワリが咲き、一面に広がる黄色の花が訪れた人の目を楽しませている。

 市観光協会西目支部によると、花は4日から咲き始め現在は五分から七分咲き。今週半ばから週末にかけて満開を迎え、お盆すぎまでが見頃という。高さは2メートル前後と見応えがある。

 秋田市の祖父母の家に遊びに来ていた神奈川県平塚市の柴田哲士ちゃん(4)は「黄色い花がとってもきれい」と笑顔を見せた。

 同支部は16日まで「ひまわりまつり」を開催している。転作田の中に迷路を整備し、コースにはヒマワリにまつわるクイズを書いた看板を設置。全問正解者の中から抽選で10人に商品を贈る。14日には商品券などが当たる抽選会やスタンプラリー、無料摘み取り体験などのイベントを行う。