秋田市大町、店舗兼住宅燃える けが人なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店舗兼住宅を焼いた火事現場=9日午前8時52分、秋田市大町6丁目

 9日午前8時半ごろ、秋田市大町6丁目、自営業寺門文男さん(85)方から火が出ていると、近所の女性(57)が119番した。木造一部2階建て店舗兼住宅を焼いたほか、東隣にある倉庫の外壁の一部を焼いた。

 秋田中央署によると、寺門さんは妻(82)と三男(55)の3人暮らし。出火当時、寺門さんと妻が1階北側の居間にいたが、煙に気付き外に逃げて無事だった。三男は仕事で外出していた。1階南側の燃え方が激しかったという。同署が出火原因や焼失面積を調べている。

(全文 419 文字 / 残り 195 文字)