佐竹知事、ゴルフ22日昼も飲酒 「隠したわけではない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事

 7月22日に秋田県内が記録的大雨に見舞われる中、佐竹敬久知事が宮城県へゴルフ旅行に出掛けていた問題で、佐竹知事が同日昼にも飲酒していたことが9日、分かった。秋田魁新報社の取材に対し「(昼にビールを)1杯ぐらい飲んだ」と認めた。これまで飲酒したのは夕方からだったとしていたが、説明の食い違いについて「(昼の飲酒を)完全に忘れていた」と話した。

 佐竹知事のこれまでの説明では、先月22日は午前中から午後4時ごろまでプレーし、同5時ごろから飲酒を開始。県内の詳細な被害状況を確認したのは、既に酒が入って車の運転ができなくなった同6時40分ごろだったため、同日中に帰県できなかったとしていた。

 県議会は10日、大雨被害の対応とゴルフ問題について佐竹知事にただす全員協議会を午後1時半から開く。審議の様子は県議会のホームページで中継される。

(全文 651 文字 / 残り 285 文字)

佐竹知事のゴルフ問題を生んだ背景を探りました

県議会中継はこちらから視聴できます