仙育英・長谷川(桜中出)投打で活躍 6回無失点、3ランも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
滝川西―仙台育英 2回表仙台育英無死二、三塁、長谷川が右越えに3ランを放つ。捕手細矢=甲子園

 高校野球第5日の仙台育英-滝川西、秋田市出身で仙台育英の主戦長谷川拓帆(3年、桜中出)が6回2安打無失点と好投、打撃では二回に3点本塁打を放った。

 春の選抜大会は1回戦の終盤に乱れて敗退する苦い経験をした。それ以来、全力で三振を奪う投球から、制球を重視して8割の力で投げるスタイルに変更した。それが奏功して「心に余裕が生まれ、後半も球威が落ちなくなった」と話した。先頭打者に出塁を許しても落ち着いて打ち取った。

(全文 455 文字 / 残り 249 文字)