お盆の13日、各地で墓参り 花や線香供え、先祖しのぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
先祖の墓の前で手を合わせる家族連れ=秋田市旭北寺町の妙覚寺

 お盆の13日、秋田県内の寺院や墓地には、朝から花や線香を手にした家族連れらが次々訪れ、先祖をしのんだ。

 秋田市旭北寺町の妙覚寺(眞崎孝雄住職)では、セミの鳴き声が響き渡る中、訪れた人たちが墓に水を掛けて清めた後、赤飯やお菓子、果物などを供えて静かに手を合わせていた。

(全文 228 文字 / 残り 94 文字)