三本松9―4下関国際 序盤から効果的に得点

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三本松―下関国際 6回表1死一、二塁、渡辺が右前に適時打を放つ=甲子園

 三本松は序盤から効果的に得点した。一回に内野ゴロで先制すると、二回は渡辺が本塁打。渡辺は四回には右犠飛、六回は右前への適時打と計3打点の活躍だった。チームは12安打で9点を奪った。先発の佐藤は6安打に抑えて4失点完投した。

 下関国際は前半に失点を重ねたのが響いた。中盤から反撃を開始したが及ばなかった。