ネパール豪雨で52人死亡 不明は37人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
13日、豪雨被害を受けたネパール南部の空港で、水の中を歩く利用者ら(AP=共同)

 【ニューデリー共同】ネパール南部の平野地域を中心に、11日からモンスーンの豪雨による洪水や土砂崩れが相次ぎ、内務省によると、13日までに死者が少なくとも52人、不明者は37人に達した。地元紙によると、家屋約3万6千軒が浸水したといい、当局が被災者らの救出を急いでいる。

 地元紙によると、中部のチトワン国立公園近くでは、外国人を含む旅行者ら約700人が洪水でホテルなどに足止めとなり、救出作戦にはゾウも用いられた。在ネパール日本大使館によると、日本人が被害に遭ったとの情報はない。