イオン、新能代SCの計画案示す 能代市、21日に議会説明

お気に入りに登録

 秋田県能代市鰄渕(かいらげふち)の秋田自動車道・能代東インターチェンジ付近にモール型大型店「イオン新能代ショッピングセンター(SC)」(仮称)の出店を計画しているイオンモール(千葉市)が、市に対し店舗の計画案を示していることが17日分かった。

 店舗面積は2万平方メートル強と県北地区で最大規模になるとみられ、800人程度の雇用創出が見込まれている。

 関係者によると、イオン側が示した計画案では、敷地が国道7号に面した約9万平方メートル。店舗には専門店のほか、フードコート、アミューズメントの各ゾーンに加え、スーパーマーケットやホームセンターなどが入る。駐車場は約1700台。

(全文 671 文字 / 残り 383 文字)