野中(秋田北)本領発揮 バレー世界ユース、ドイツ破り5位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
野中瑠衣

 バレーボール女子の世界ユース選手権(18歳以下)は27日、アルゼンチンのロサリオなどで行われ、日本は5、6位決定戦でドイツにストレート勝ちして5位が決まった。

 代表入りしている秋田北高1年のウイングスパイカー野中瑠衣(16)は第1セットに途中出場、第2、3セットに先発出場。スパイク3本、サービスエース2本を決めて5点を挙げた。スパイクレシーブはチーム最多の17本成功。サーブレシーブでも確実にセッターに上げる活躍を見せ、オールラウンダーの本領を発揮した。