決定の瞬間「ニッポン」コール サッカーW杯、各地でPV

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本のW杯出場が決まり、静岡県藤枝市の飲食店で喜ぶサポーター=31日夜

 サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選が行われた31日、日本代表がオーストラリアに勝ち、本大会出場が決まった瞬間、各地のパブリックビューイング(PV)に集まったサポーターらは「ニッポン」コールの中で抱き合い、跳び上がって喜んだ。

 東京都文京区の文京シビックセンターには、150人以上のサポーターが集結し、青色のスティックバルーンを打ち鳴らして応援した。

 主将の長谷部誠選手の出身地、静岡県藤枝市にある飲食店では約100人がプレーを見守り、中学時代の恩師滝本義三郎さん(73)は「今後も叱咤激励してチームの緊張感を保って」と期待を込めた。