C大阪、仙台が初の4強入り ルヴァン杯、浦和は敗退

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
準決勝進出を決め、喜ぶ丸橋(14)らC大阪イレブン=埼玉スタジアム

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ準々決勝第2戦(3日・埼玉スタジアムほか=4試合)C大阪が昨年覇者の浦和を破り、仙台とともに初の準決勝進出を果たした。G大阪は4年連続、川崎は3年ぶりの4強入り。

 C大阪は敵地で浦和と2―2で引き分けて通算2分けとし、アウェーゴール数で上回った。仙台は鹿島に2―3で敗れ、通算1勝1敗となったが2戦合計5―4で勝ち進んだ。G大阪は神戸を2―0で下して1勝1分け、2戦合計2―0とし、川崎は阿部の3得点などでFC東京に5―1で大勝し2連勝で進出した。準決勝はC大阪―G大阪、仙台―川崎のカードで10月4、8日に行われる。